コンピューターがいずれ人間の脳を越える知能に到達

シンギュラリティと言う言葉をご存知でしょうか。

コンピューターが今の速度で進歩していくと、いずれ人間の脳を越える知能に到達すると予想されており、それが2045年だと言われています。

この時点を特異点(シンギュラリティ)と呼び、特異点に到達したとき、コンピューターは自分の意思でプログラムを書き変えることができるようになると学者たちは考えています。

コンピューターに依存しきった社会では、これまでにも何度か問題に遭遇してきました。

記憶媒体が大変高価だった90年代、コンピューターシステム上では1900年を00と、1950年を50と言った形で下2桁のみを使って年号を記憶させていました。

しかし、2000年も00となり、1900年と区別できなくなることでシステムが暴走するのではないかと心配されました。

核爆弾が発射されてしまうと言う噂までも広がり、社会問題に発展しましたが、回避することができました。

その後、1970年1月1日0時0分から秒数で時間を計算しているコンピューターが2001年9月9日1時46分40秒に9桁から10桁に変わることで混乱が生ずると心配されましたが、こちらも回避されました。

人類全ての知能を集めても、1台のコンピューターの知能に及ばない時代が到来したとき、人類がシステムの暴走を回避する手立てはあるのでしょうか。人気 全身脱毛